»   会員登録 | ログイン
CosDNA > 成分の検索分析 > Q&A
サービス説明
組成にのみ焦点を当ててはいけません
本サイトの核心的な機能は成分の検索ではありますが、商品については、成分濃度や品質、製造工程、成分間の相互による影響は、全て最終的な結果に影響するものであることを予めご了承ください。全ての方の肌状態は異なり(まして絶えず変化しています)、成分について気にかけたり、理解しようとする態度は正しいものですが、お肌のトラブルは専門医によってさまざまな要素を総合してから診断される必要があります。
Q: このシステムで何が出来るの? ?
化粧品、スキンケア商品の成分内容について素早く理解したり、刺激性、ニキビの出来やすさ、安心度等の参考データを提供します。特にネット上で何かの商品成分表を見かけた際に、それを全文コピーして検索枠の中に貼り付けさえすれば、本システムが検索・分析いたします。
Q: 刺激性、ニキビの出来やすさ、安心度の根拠はなに? ?

刺激性、ニキビの出来やすさの数値は最高5で、数値が高いほど発生の確率が高いことを表します。

安心度の数値 1~9、数値が低い安心して使用できることを表します。これは総合的な安全指標であり、刺激性や角栓の出来やすさとは異なり、主に長期的な使用の安全性に対して評価を行なっています。CIR(化粧品成分評論)、RTECS(化学物質毒正反応データベース)、FDA(米連邦食品及び薬品管理局)等データに基づいて該当成分に不利な報告が存在するかによって定めています。目的は皮膚や細胞、人体内に長期的なダメージを及ぼす可能性があるかを評価することです。

我々のデータは海外機構 DERMAdoctor、Sage Advice、Skin Deep、biodizionario.it 及び国内外専門家の著作より取得したもので、当然異なる部門の判定基準には差異があるため、その成分を含む商品を完全に排斥するのではなく、参考として利用することをお薦めします。お肌の状況があまり良くなかったり、敏感である時には、より慎重に商品を選択することができます。

刺激性、角栓の出来やすさ、安心度の3つの欄で、空白の場合は現在データが無いことを表しており、該当成分の安全または安全でないことを表してはいません。

FAQ  |  お問い合わせ  |
Copyright cosdna.com All rights reserved.